餅作り

こねる昔のような餅つきは、家庭ではしなくなり(できなくなり)、餅は他から入手することとなってきました。
先日、ゴン太がテレビで餅作りの方法を知って、ぜひやってみたいとのこと。餅米を買ってきて、炊いて、すりこぎにビニールをかぶせて餅つき?

こねるこんなんで餅がつけるの?
チャコが、しゃもじでこねます。兄妹の共同作業。パパとママははらはらしながら見守ります。

ママあれ?なんだか餅らしくなってきましたよ。ママが確かめると、こんなにモチモチ。

粉餅ができると、今度は整形です。ゴン太とチャコとリリコとトウコが腕まくりをして、片栗粉をつけます。

大福あんこをくるんで、大福作り。しかし・・・味見によって、成果品は少なめです。パパも味見しましたが、ちゃんと餅になっています。

鏡餅最後は、大きく形をつくって、鏡餅。お正月は、これで決まりです。

杵と臼が必要と思っていましたが、意外にも、家庭にある道具で餅を作れました。このようなチャレンジを子どもたちがすることは、とてもいいことです。今年の締めくくりにふさわしい取組でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

お散歩

次の記事

ドレスとお節料理