去年の11月、家族で明日香村へ行って来ました。

明日香村は新婚当時モモさんと2人で石舞台古墳に立ち寄ったことがあったのですが、その他の歴史旧跡は初めてです。

あまりにも見所が多いので、今回は持統天皇にまつわる場所でまとめてみました。

まず甘樫丘展望台から見る大和三山。画像では天香具山が隠れていますが、実際は見えました。

甘樫丘(あまかしのおか)は蘇我蝦夷と蘇我入鹿の親子が住んでいた邸宅があったといわれている小高い丘です。

2016110101

こちらは、田畑に囲まれた一角にポツンとある、伝飛鳥板蓋宮跡(でんあすかいたぶきのみやあと)。

乙巳の変(いっしのへん)の舞台となった所と言われています。

乙巳の変で暗殺された蘇我入鹿の首塚。まさか伝飛鳥板蓋宮跡から飛んできたのではないと思いますが…

首塚の奥の丘が甘樫丘です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天武・持統天皇陵(野口王墓古墳)。

2016110104

天武・持統天皇陵に行く前にこちらをまわっていました。

2016110108

私たちは出かける前に予習、帰ってきてから振り返りをするのですが、その時に役立つのはこれらの本です。

今回、明日香村に行くために買ったものもあれば、もともと以前からあった本もあります。

2016110102

その中でも、娘たちと私がはまったのが里中満智子さんの『天上の虹』。

少女まんがでなく大人向けの漫画なので、娘たちにはちょっと難しいように思うのですが、はまってこんなことをしています。

リカちゃん人形を天上の虹の登場人物になりきり(衣装も半分手作り)させて、セリフを言って遊んだり、

2016110106

長女がパロディまんが描いて、それを妹たちが見て喜んでいます。

2016110107

飛鳥時代から奈良時代にかけて、飛鳥、近江、藤原、平城、恭仁、紫香楽、難波…と都が(途中同じところにも)行ったり来たりしているのですが、

我が家がいつも行動している範囲内にあるところもあり、歴史を振り返ることで当時に思いを馳せ、あらためて今までとは違った印象を持ったりしています。

 

もし『天上の虹』を読んでよかったら、『長屋王残照記』、『女帝の手記』も続けて読むことをオススメします。

あくまでも里中満智子さんが史実をみて解釈し創作したストーリーなのかもしれませんが、ひとつひとつの点が線を描くように、

過去の出来事でしかない歴史がいきいきとつながって想像できます(笑)。

2016110109

三女が『天上の虹』を見ながら、マネして描いているところ。

モモさんが依頼を受けて、小学校の先生になるために学んでいる大学生対象(2日間で約200名)に「我が家のホームスクーリングについて」話をする機会がありました。

小学校の先生をめざしている学生さんたちですが、やはりほんどんの方がホームスクーリングのことを知らなかったり、または外国での話として聞いたことがあるくらいの認識のようで、、初めての話に衝撃を受けた方もかなりいたようです。。

話が終わってから感想を書いてもらったので、私たち家族も見せてもらいました。その中でとくに気になる点が2つありました。

ひとつめは「社会性やコミュニケーション」について。

モモさんが話の中で、私たちがどのように家族以外の人たちとの付き合いがあるのか、関係を築いているのか、を話したと思うのですが、「社会性・協調性について」のコメントがいくつも見られました。

私たちが知っているホームスクーリングをはじめ、積極的にオルタナティブ教育(Wikipedia)で過ごしている子どもたちは、社会性やコミュニケーションに関する問題についての不安はあまりみられません。学校に行っている子どもたちよりは同年代の子どもと過ごす時間は少ないかもしれませんが、逆に言えば本人(家族)次第で年齢問わずいろんな世代の人と過ごすことができます。

ちなみに、子どもが多い地域に住んでいる人にとっては想像しずらいかもしれませんが、田舎(もしくは子どもが少ない地域)では、保育園から小学校(中学校)まで各学年1クラスで人間関係がほぼ変わらないところも少なくありません。

オルタナティブ教育の有利な点は、「社会性やコミュニケーション」にこそあり、むしろ学力(この場合、学校で学ぶような勉強)は、学校教育と比べ不利でしょう。ただし、この「学力」についても、「何を学びとするのか」という考え方次第で、いくらでも有利不利が変わります。

ふたつめは「お金」に関すること。

我が家では子どもたちに、本や教材や道具・素材は欲しいものはできるだけ与えていることを話したら、「そんなにたくさんの本を買うお金はどこから?」という質問がありました。

道具や素材は本来安価なもので、くり返し使えたり数人で共有することもできます。しかし他人に何かをゆだねることは、1人ひとりにお金がかかり兄弟の数だけ必要となり、金額が桁違いに大きくなります。たとえば教育では、学校・塾・習い事には、道具や素材とはけた違いの甚大なお金がかかります。本来自分で出来ることを自分でするならあまりお金はかかりません。それを他人にやってもらうなら大きなお金が必要になります。これは教育にかかわらずどんなジャンルにもいえることですね。

学生さんたちは大学に進むまでいったいどれほどのお金を親御さんが負担してきたのでしょう??

*                *                 *

世の中の多くの物事は多数派(マジョリティ)の意見でできています。多数派から少数派(マイノリティ)の意見を見ることは、わざわざ見ようとしないと難しいことかもしれません。

しかし、少数派(マイノリティ)は多数派(マジョリティ)を前提とした社会の中で生きていかないといけないので、つねに自分たちの立場を考えざるを得なくなります。

自分とは違う環境の人、自分とは違う立場の人、自分とは違う考えの人…そういう人たちともお互いに気持ちよく過ごしていける世の中にしていくこと、子どもたちと一緒に考えていきたいなといつも思っています。

でもマジョリティとマイノリティが逆転するような世の中はすぐそこまで来ているようにも感じています。

*                *                 *

子どもはみんな学校に行くことが当たり前と思っていた学生さんたちが、私たちのような家族がいることを知ったことによって、学校とは?学ぶこととは?教師だからこそできることとは?あらためて見つめ直してもらえたらうれしいです。

先日近所の方からモモさんが「(うちの長男を)いつ自立させるの?」と聞かれました。

その方の言う“自立”とは、“家から出て一人暮らしすること(親から離れさせること)”、、

という意味のようでした。

 

長男は今年で16才。世間では高校一年生、早ければ親元から離れて暮らしている子もいる年齢ですね。

“自立”とは一般的にどういう意味で捉えられているのでしょうか。

親から離れて暮らすこと?親から経済的支援を得ずに暮らすこと?

親が子どもに対して“自立”というとき、人それぞれの思い(意味)があるでしょう。。

ちなみに私たち(私とモモさん)が考えている“自立”とは、

一人暮らしとか親から離れて暮らすとかいう形は関係なく、自分の人生に責任を持つこと、だと思っています。

自立の時期は本人次第。子ども1人ひとりによっても違うもの。急かしたからといって自立できるものでもない。

子どもは必ず親が思っていないようなことをやりたいと言い出したり、何かに挑戦せずにいられなくなる。その時こそ、邪魔しない方がいいと思う。

たとえ、それが親が期待しているようなモノとまったく違っていたとしても、親はそれを覚悟する必要があるのではないか。

時期にしろ、内容にしろ、親の考えを押しつけたら自立にはならない、、と思っています。

 

「親が自立させるのではなく、子どもが自立したくなったときに応援する。少なくとも邪魔はしない。子どもは必ず自立したくなるときが来る。だから今は何も考えていないです…」

と、モモさんは答えたそうです。

12月に入ったのでかんたんに今年の振り返り。まずはじめは…長女(13歳)の作ったおやつたち。

市販のお菓子も食べますが、手作りおやつも好きなので、長女が時々作ってくれます。

似たようなモノもありますが、いちおう全部違う日に作ったものです。

なかには次女、三女が手伝ったものもありますが、、ほとんど長女が一人で作っています。

2016120101   2016120102

画像を撮っていたのがこのくらいで、お菓子系以外にたまにパンなども作ってくれます。

小さい頃からお菓子作りが好きな長女、それこそ「大きくなったらパティシエールになる!!」と言っていた時期もありましたが、

仕事にするのはしんどい、と気付いてから「喜んでくれる人のためにだけ」作りたいようです。

教会の外は、ガーデンです。

ガーデンの案内標が、ゾウをのんだウワバミです。じつはこの下の花壇の形が「ゾウをのんだウワバミ」なのです。このミュージアムには、いろんな仕掛けがいっぱいあります。仕掛けというか、メッセージが。

展示室に入ると、(実物大?)飛行機の模型があります。サン=テグジュペリは、飛行士でした。『星の王子さま』も主人公の「ぼく」は飛行士(作者そのもの)です。王子さまは、乗り物に乗らずに星を巡って地球へやってきました。サン=テグジュペリは、『夜間飛行』『南方郵便機』など、飛行機を主題にした作品も残しています。飛行機を通して、何を見たのでしょうね。

展示室の2階は、サン=テグジュペリの生涯を展示してあり、撮影できません。その先、再び1階へ降りると、夜を基調とした展示があります。また、あの人たち(王さまとか、事業屋とか)に会えますが、屋外とはずいぶん印象が違います。
手前に見えるのは、王子さまにとってかけがえのない1本のバラです。


これは、だれのこと?
「命令ばかりするこの人物は、実際には何の権威も持っていません。それでも、架空の地位や体面に傷がつくことを何よりも恐れています」

キツネもいます。美しい光景です。そして同時に、強いメッセージも感じます。それは言葉にはできません。「大切なものは目に見えない」のですから。

展示室の外は、フランスのおしゃれな通りが再現されています。

角をまがると、井戸があります。
「砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ……」
「そうだよ、家でも星でも砂漠でも、その美しいところは、目に見えないのさ」

ここで、ひととおおり、コースを巡りました。
「謎解きプログラム」は、これから、暗号解読に移ります。これが難しい。家族6人でよってたかっても、解けません。
ミュージアム内には、スタッフのお姉さん方が、そこここにおられます。謎解きプログラムで悩んでいると、声をかけてくれます。少しのヒントをいただくと、やったー!解けました!!
ここのスタッフのみなさん、とても感じがいいです。『星の王子さま』を心から愛しているのが伝わってきます。

夕刻、薄暗くなってくると、ライトアップが見事です。
サン=モーリス・ド・レマンス城と、フランス庭園。

「ウワバミの小径」の王子さま。
ミュージアムに行かれる方は、ぜひ、夕刻のライトアップを味わってください。

入館してほぼ3時間。たっぷりと『星の王子さま』を堪能しました。
そして、最後はミュージアムショップです。3人の娘たち、このお買い物をとても楽しみにしていました。小遣いとか、貯めていたお年玉とかを、それぞれが持って行っていました。

これが、ショップで買ったもの全部です。ほとんどが3人娘の買い物ですが、右端は、父、母、長男の買い物です。
買い物を含め、ミュージアムにいたのは3時間半。
18時ごろになって、御殿場インターへ向かいました。

・:*.・☆。・:*・。.。・:*.・☆。・:*・。.。・:*.・☆。・:*・。.

あれもこれもすごくきれいで良かった、と、家族みんなの感想。私もそう思います。
でも、それって、「目に見えるもの」では?
あのステキな光景に、強いメッセージが散りばめられていました。見えるメッセージではなく、感じるメッセージ。「目に見えない大切なもの」って、何でしょうね? 子どもたちがそっと感じてくれれば、それでいいです。たくさん買った品物も、そこから感じてくれるなら、お金に換えられない財産でしょう。
 

2017年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728