1月の更新からまたまた日があいてしまいました。あっという間にもう5月です。

今年の冬は寒かったのですが、お茶の成長具合はいつになく早く、もうすぐお茶刈りも始まりそうです。

暖かくなってきたこともあり、今まで気になっていた近所のスポットを散策しています。

「乳母の滝」

滝の上は何度か行っていますが、滝の下におりたのは初めてです。

ロープを使って下りるような場所なので他所の人にはおすすめしません。

「三国展望台」

京都・滋賀・三重の3つの国が交わる地点(三国塚)のすぐ近くにあります。

林道脇に車を止めて、歩いて少し登ったところにあります。

秘境のような、すごい道をたどって、磨崖仏(六地蔵磨崖仏)を見てきました。

普通は野殿道から入る旧道を登って行くようですが、私たちは野殿の弁天池の方から下りました。

大きな岩がゴロゴロ転がっていて、少々の難所です。

  

近くに住んでいても、まだまだ知らないところってたくさんあるんだなぁ~って家族でびっくりしています。

* * *        * * *        * * *

4月から子どもたちは、長男高3、長女中3、次女中1、三女小5年生の学年となりました。

学校に通っていたら、長男と長女は受験生!!

長男は中学を卒業する時に、ひきつづき自宅で高校の学習を独学していくことを選び、昨年高卒認定試験もパスしています。

家族では人生について対話することが多いです。一方、まわりの人たちからは、「将来(仕事)はどうするの?」と聞かれることも多いです。

豊かな人生をおくるということはお金ではない。

豊かな人生をおくるための教養は非常に大事、けれども、お金を稼ぐための勉強であってほしくない。

何が豊かな人生かは本人が決めること。あわてずせかさず本人に任せています。

人生についてといっても、親が教えるのではなく、子どもたちそれぞれ多くの本を読んだり、他のおとなやこどもから話を聞いたり、世の中の出来事から考えることもあります。

親がすることは、子どもたちが考えるきっかけをつくることだと思っています。上に書いた「地域めぐり」はもちろんその一つです。

昨年の10月から続きが止まっておりますが…、

あけましておめでとうございます。

我が家の横の茶畑から見た初日の出です。

2018010103

戌年ということで、いままで出会った『犬型埴輪』です。

どこの博物館のものかわかりますか~?

inuhaniwa_ka_01 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③ こちらはたぶん犬型埴輪と思われるもの

inuhaniwa_chi_03

 

正解は

 

 

 

 

 

①橿原考古学研究所附属博物館、②堺市博物館、③近つ飛鳥博物館

でした。

末っ子が4年生になって、博物館の見学もそれなりに?できるようになってきました。

最近はどの博物館も子どもが飽きないように、スタンプラリーやワークシート、パズルなど、工夫されている所も多いです。

ただどこにいっても大抵ガラガラで(私たちにとっては貸切状態のほうが見学しやすいのでいいのですが)もったいないな~と思ってしまいます。

今年もたくさん古代を巡る旅にでかけたいと思っています。

さて、続きです。剣神社からまたコース標識「東山9-1」まで戻り、案内とおりに住宅街を歩ていくとコース標識「東山9-2」があります。

標識真ん中らへんにある階段にも小さな看板がありました。こちらの階段をのぼります。

 

2017093049  2017093013 

階段を登って鋭角に左方面にすすむと十字路にでます。赤い丸のところにコース標識「東山10」があります。水色のやじるし方向に道なりにすすみます。

2017093051

少し行くとコース標識「東山11」があり、住宅街はここで終わり、また山の中へとしばらく入っていきます。森の入口には“京女鳥部の森”入口の看板がありました。

2017093015 

私たち、森の中の道を歩くのにはなれていますが、京都市内でこんな風景の中をあるいていると何かヘンな感じがします。ただ車の音は遠くに聞こえているんですけどね。。

しばらく歩くとコース標識「東山12」があり、休憩用のベンチがありました。ここは京都女子大学方面に向かう道と国道1号線方面に向かう道の分岐点となります。

2017093055  2017093016

1号線方面にでる森の終点にコース標識「東山13」があります。側道を少し歩いて国道に出たところで、コース標識「東山14」がありました。

↓画像の右側が国道1号線。

2017093017 2017093052 

国道1号線は歩行者は横断することができないため、側道を迂回し地下道を通って国道の反対側にでます。

↓コース標識「東山15-2」を見ているところ。

2017093018  2017093054 2017093019

国道の反対側にでると、大きな葬儀屋さんがあります。そこの敷地の角にコース標識「東山16-1」がありました。

画像奥の階段をのぼると東山ドライブウェイがはしっています。

2017093020 

その脇を少し歩いていくとコース標識「東山16-2」と『六条天皇御陵 髙倉天皇御陵』と刻まれた標石があります。

2017093021

ここから清閑寺(せいかんじ)がすぐのようですが、今回は先を急ぐためこちらも通り過ぎます。

少しあるくとコース標識「東山17」からまた山道に入るのですが、私たちはこちらへ。。

2017093022

つづく…

2017093045
9月のはなしですが…、『京都一周トレイル』の東山コース(伏見稲荷~清水寺~円山公園)を歩いてきました。

京都一周トレイルとは…京都府山岳連盟が整備しているトレイルコースです。詳細は京都府山岳連盟のサイト又は京都一周トレイルのサイトをご覧ください。

私たち4年前に初めて訪れてから気に入って年に1~2度ほど伏見稲荷に行っています。その際、稲荷山に登るたびに見かける標識のようなものがずっと気になっていました。

ネットで調べると京都市内に散策コースが整備されているというのを知り、今までとは違った京都(市内)観光もいいな~と思い、私たちでも迷わなそうな観光ポイントのある東山コースから挑戦してみることにしました。といっても当日夕方から他用があり、私たちの移動可能時間は9時半~14時くらいで、途中に清水寺に寄ることと、最後は四条河原町に出られることを考えて、歩く範囲を設定しました。なお事前に本や専用地図も購入して予習してから行きました。

 

ということで伏見稲荷からスタートです。この日、天気がよかったせいか外国人観光客でかなり混み合っていました。が千本鳥居をぬけてどんどん稲荷山の上へ進むほど人は減って行きます。

2017093001

京都一周トレイルの標識は四ツ辻にあります。まずここで1回目の軽い休憩。事前に『いなりふたば』さんで買ってきた和菓子をいただきます。

2017093002

引き続き稲荷山の頂上まで行ってもどってくることもできますが、今回私たちはパスします。

コース標識「東山3-2」からトレイルコースに入りました。

2017093003

コースに入ってすぐはまだ鳥居や石塚もあったのですが、、徐々に普通の山道?になって、下った先に民家が見えてきました。

2017093004

住宅街に出たところで、コース標識「東山4」があります。ここから東福寺方面にも行けるそうですが、私たちは標識の左に見えている階段を降りて先に進みます。

2017093005

途中の住宅街の中には、このような案内や看板もあります。

2017093047  2017093006

住宅街を抜け、コース標識「東山6」の脇の階段をのぼりフェンスの間を登って行くと御陵(ごりょう、天皇・皇后・皇太后・太皇太后の墓
(広辞苑より))の前にでます。

2017093046  2017093043  2017093044

そこを通り過ぎ歩いて行くと泉涌寺(せんゆうじ)にでます。

2017093007

時間があれば拝観していきたかったのですが、今回は大門の前で写真のみ。

コース標識「東山8」の手前の道をまっすぐ赤い橋を渡っていくと今熊野観音寺があります。が、こちらも今回は寄らず…、私たちは橋の下をくぐり、

2017093045  2017093008

こんな景色のところにでました。ここら辺の地域を「鳥戸野・とりべの」というそうです。

2017093009

鳥戸野陵(とりべののみささぎ、一条天皇皇后藤原定子の御陵)がありました。

2017093010

この後また民家の間の細い道を下り、枝垂れ桜で有名らしい円通寺橋を渡たると、コース標識「東山9-1」にでます。その奥正面に剣神社(つるぎじんじゃ)があります。

2017093048  2017093011 

剣神社は子どもの疳虫封じの祈願で有名ということで、お参りに立ち寄らせてもらいました。我が家の癇癪持ちが鎮まればいいなぁ…と思いながら。。

2017093012

つづく…

山の上の景色もすっかり秋らしくなってきました。

2017092401 

春に田植えした生活クラブさんの田んぼで稲刈りをお手伝いしてきました。

2017092405

普通、稲刈りをする前に田んぼの水を抜いてカラカラにしておくのですが、前々日に雨が降ったため泥にはまりながらの刈り取り作業です。(↓次女です)

2017092402

はざかけもします。

2017092403

田んぼの近くの畑で作ったジャンボかぼちゃ。何㎏あるかあてるクイズがありました。たまたま??うちの末っ子が一番近い数字をかいたみたいで、ビックリ!!

2017092404

—————————————– おまけ —————————————–

春に種籾から育てた古代米(赤米・黒米・青米)をいただいたので、うちでもバケツ稲を育てています。

植えた時はこんなだったのが……

2017092408

ここまで成長しました。こちらの刈り取りはもうちょっと先でしょうか。。

2017092406  2017092407

2018年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031