御幣づくり

御幣昨年から、童仙房では、しめ縄を作って、生活クラブ生協大阪さんへ卸しています。田舎では、しめ縄を自分で作られる方が多いのですが、中年以下の世代はサラリーマンが増え、しめ縄を作ることもあまりなくなってきました。生協さんからの要請を受けて、昨年、試行的に地域をあげて作ってみました。わが家は、御幣を担当しました。500枚も御幣をつくるのは、それはそれは大変な仕事でした。
今年も、童仙房はしめ縄作りを受注しました。昨年の出来がよかったようで、今年は大幅増の、1500部予定です。御幣作り、わが家で対応できるだろうか・・・
やるしかありません。一生懸命作り続けています。

御幣12月9日時点で、700枚作れました。まだまだ先は長いですが、およそ半分を達成できると、やれやれです。添え状の印刷も私の担当です。あさって、できあがり予定。

しめ縄右は、昨年のしめ縄です。藁はもちろん、シダも、橙も、本物です。かなり長期間、劣化せずに、美しいままでした。はずすのが惜しかったぐらい。今年の出来は、どうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

童仙房のしめ縄作り