ホームスクーリング | 今日もいい天気のブログ記事

今年の出雲旅行は家族みんな、充実した3日間でした。ただの旅行ではなく、わが国の原点を訪ねるものでした。感じることも考えることも、非常に多かったです。現地に行ってわかることも多々ありました。

と、こんな感じでわが家ではホームスクーリングをしてきました。ホームスクーリングを実践されるご家庭は、日本でも増えています。でも、そのやり方は、千差万別で、「ホームスクーリング」という一言でくくるのが適切とは言えません。

あくまでも、わが家でのホームスクーリングという話です。わが家では、学校教育をリスペクトしていますが、学校教育ではどうしても不足があると感じています。学校教育では、というか、現在の社会では、あまりにも効率を求めすぎます。ちょうど、ミヒャエル・エンデの『モモ』のように。灰色の男たちの活動によって、われわれ人間がどうなっていったか。いままさに、そんな状況が進行中に思えてなりません。そこで、わが家では、学校教育のメソッドの真逆を実践してきました。私たちは、最先端ではありません。むしろ、古典的です。年配の日本人には、懐かしくさえあるでしょう。

それをどう表現したらいいか、考えてきました。私たちのホームスクーリングは、日本古来の「道(どう)」の概念が近いです。「○○道」「○○の道(みち)」という表現はいくらでもありえます。それらが意味するところは、だいたい共通してきます。

これを、世界の人びとにお伝えしようと考え、「dou learning」というサイト(英語)を立ち上げました。ご興味のある方は、どうぞご覧いただけますと幸甚です。(今のところ、日本語版を作ることは考えていません)

約1年前のことですが…、

ふるさとミュージアム山城(京都府立山城郷土資料館)の夏休みこども体験教室〈銅鏡づくり〉に行ってきました。

次女が他所で見かけた銅鏡づくりを「やってみたい」と以前から言っていたのです。

小中学生が対象のようでしたが、兄弟ならばいいですよとのことで、長男も参加させてもらいました。

少し早めについたので展示品を見学したり、娘たちは古代人の服を着て遊んで待ちました。

— ★ — ★ — ★ — ★ — ★ —

体験教室のはじまりです。三角縁神獣鏡などについての説明がありました。

ここから製作へ。

①シリコンの鋳型に(完成後はずれやすくするための)粉をはたいていきます。

②鋳型を合わせてプラスチック板で挟み輪ゴムで固定します。

③金属の材料を溶かします。

④溶けた金属を鋳型に流し込みます。ここが難しいところでもあり、危ないこともあり、次女と三女は資料館のスタッフの方が代わりにやってくれました。

⑤固まるのを待ちます。5~10分くらい?の間、三角縁神獣鏡のレプリカを見に行ったり、

  

できた銅鏡を飾る台を作ったりしました。

⑥うまく固まっているか型から外すときはドキドキしましたがなんとかうまくいったようです。

関係のないところ(鋳バリ)を糸鋸で切ります。

⑦あとはひたすら紙やすりで磨いていきます。根気がいる作業です。こちらも時々スタッフの方に手伝ってもらっていました。

⑧紙やすりである程度けずったら、最期に布と金属研磨剤で仕上げていきます。

  

いちおう完成。デジカメで撮影している私が写るくらいピカピカになりました。

古代の人たちが使っていたものはもっと大きなモノですが、少しだけ古代人の、しかも高貴な?人の気持ちがわかったかな。。

銅鏡づくりを含む夏休みこども体験教室は今年もあるようです。7/1から受付とのこと。

人気のある講座はすぐに定員になってしまうようで、私たちも去年速効で申し込んだにもかかわらずぎりぎり参加できたみたいでした。

詳しくは(ふるさとミュージアム山城)のホームページへ。

— ★ — ★ — ★ — ★ — ★ —

先日の大阪北部地震、こちらもすこし揺れましたが、とくに被害はありません。

ただ震源地が近場だけに、あらためて災害対策について家族で話し合ったりしています。

まだ余震もあるようですが、これ以上被害が拡大せずに収束していくことを願います。

1月の更新からまたまた日があいてしまいました。あっという間にもう5月です。

今年の冬は寒かったのですが、お茶の成長具合はいつになく早く、もうすぐお茶刈りも始まりそうです。

暖かくなってきたこともあり、今まで気になっていた近所のスポットを散策しています。

「乳母の滝」

滝の上は何度か行っていますが、滝の下におりたのは初めてです。

ロープを使って下りるような場所なので他所の人にはおすすめしません。

「三国展望台」

京都・滋賀・三重の3つの国が交わる地点(三国塚)のすぐ近くにあります。

林道脇に車を止めて、歩いて少し登ったところにあります。

秘境のような、すごい道をたどって、磨崖仏(六地蔵磨崖仏)を見てきました。

普通は野殿道から入る旧道を登って行くようですが、私たちは野殿の弁天池の方から下りました。

大きな岩がゴロゴロ転がっていて、少々の難所です。

  

近くに住んでいても、まだまだ知らないところってたくさんあるんだなぁ~って家族でびっくりしています。

* * *        * * *        * * *

4月から子どもたちは、長男高3、長女中3、次女中1、三女小5年生の学年となりました。

学校に通っていたら、長男と長女は受験生!!

長男は中学を卒業する時に、ひきつづき自宅で高校の学習を独学していくことを選び、昨年高卒認定試験もパスしています。

家族では人生について対話することが多いです。一方、まわりの人たちからは、「将来(仕事)はどうするの?」と聞かれることも多いです。

豊かな人生をおくるということはお金ではない。

豊かな人生をおくるための教養は非常に大事、けれども、お金を稼ぐための勉強であってほしくない。

何が豊かな人生かは本人が決めること。あわてずせかさず本人に任せています。

人生についてといっても、親が教えるのではなく、子どもたちそれぞれ多くの本を読んだり、他のおとなやこどもから話を聞いたり、世の中の出来事から考えることもあります。

親がすることは、子どもたちが考えるきっかけをつくることだと思っています。上に書いた「地域めぐり」はもちろんその一つです。

昨年の10月から続きが止まっておりますが…、

あけましておめでとうございます。

我が家の横の茶畑から見た初日の出です。

2018010103

戌年ということで、いままで出会った『犬型埴輪』です。

どこの博物館のものかわかりますか~?

inuhaniwa_ka_01 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③ こちらはたぶん犬型埴輪と思われるもの

inuhaniwa_chi_03

 

正解は

 

 

 

 

 

①橿原考古学研究所附属博物館、②堺市博物館、③近つ飛鳥博物館

でした。

末っ子が4年生になって、博物館の見学もそれなりに?できるようになってきました。

最近はどの博物館も子どもが飽きないように、スタンプラリーやワークシート、パズルなど、工夫されている所も多いです。

ただどこにいっても大抵ガラガラで(私たちにとっては貸切状態のほうが見学しやすいのでいいのですが)もったいないな~と思ってしまいます。

今年もたくさん古代を巡る旅にでかけたいと思っています。

さて、続きです。剣神社からまたコース標識「東山9-1」まで戻り、案内とおりに住宅街を歩ていくとコース標識「東山9-2」があります。

標識真ん中らへんにある階段にも小さな看板がありました。こちらの階段をのぼります。

 

2017093049  2017093013 

階段を登って鋭角に左方面にすすむと十字路にでます。赤い丸のところにコース標識「東山10」があります。水色のやじるし方向に道なりにすすみます。

2017093051

少し行くとコース標識「東山11」があり、住宅街はここで終わり、また山の中へとしばらく入っていきます。森の入口には“京女鳥部の森”入口の看板がありました。

2017093015 

私たち、森の中の道を歩くのにはなれていますが、京都市内でこんな風景の中をあるいていると何かヘンな感じがします。ただ車の音は遠くに聞こえているんですけどね。。

しばらく歩くとコース標識「東山12」があり、休憩用のベンチがありました。ここは京都女子大学方面に向かう道と国道1号線方面に向かう道の分岐点となります。

2017093055  2017093016

1号線方面にでる森の終点にコース標識「東山13」があります。側道を少し歩いて国道に出たところで、コース標識「東山14」がありました。

↓画像の右側が国道1号線。

2017093017 2017093052 

国道1号線は歩行者は横断することができないため、側道を迂回し地下道を通って国道の反対側にでます。

↓コース標識「東山15-2」を見ているところ。

2017093018  2017093054 2017093019

国道の反対側にでると、大きな葬儀屋さんがあります。そこの敷地の角にコース標識「東山16-1」がありました。

画像奥の階段をのぼると東山ドライブウェイがはしっています。

2017093020 

その脇を少し歩いていくとコース標識「東山16-2」と『六条天皇御陵 髙倉天皇御陵』と刻まれた標石があります。

2017093021

ここから清閑寺(せいかんじ)がすぐのようですが、今回は先を急ぐためこちらも通り過ぎます。

少しあるくとコース標識「東山17」からまた山道に入るのですが、私たちはこちらへ。。

2017093022

つづく…

2018年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031