お前はお前で丁度良い

快感やキレる感情はなぜ起こる?
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20050605A/

すぐにキレる人が増えているといわれていて、その原因もいろいろ取りざたされるようになってきました。
脳内物質のセロトニンが少ないと、キレやすくなるとか・・・

化学薬品、農薬もキレる原因になると見たことがあります。
私は夜型生活だし、パソコンも非常に多用するけど、もともとストレスはあまり感じない性分で、キレることもない。

ふだん、しぜんと、逆のことを考える癖がついています。

舞い上がって浮かれるような場面では、そこに落とし穴があると同時に思うし、落ち込むような場面では、見ようによってはたいしたことないとか、これがきっかけで良いことにつながっていくとか。浮かれて舞い上がる人を見てたら、かならずその後に反動が来てるしね。

そういえば、マイナス思考に陥ることもないですね。
夢や希望を失うこともない。
モチベーションを失うこともない。

気がめいるようなストレスをかかえるとか、どっとおちこむとか、あまり経験ないからよくわからないけど、しんどそう。

かといって、記事にあるように、「セロトニン神経は、一定のリズム運動によって活性化されます。したがって、リズムが繰り返される行動ならどんなものでもよいそうです。 ただし、毎日20~30分間ひたすら続けることが肝要。」というようなことは、とくにしてないなぁ・・・

子どもの漢字練習とか、計算練習とか、単調作業に見えるけど、ああいうのはセロトニンが減らんのやろなぁ。

リズム運動でも、いやいややってたんでは、かえってストレスがたまりそう。
もう一歩、科学的に解明されるとおもしろうそうやけどなぁ。

ところで、思い出しました。
10年前、結婚した年に、ステキなポエムに出会ったことを。

お前はお前で丁度良い
顔も体も名前も姓も
お前にそれは丁度良い
貧も富も親も子も
息子の嫁もその孫も
それはお前に丁度良い
幸も不幸も喜びも
悲しみさえも丁度良い
歩いたお前の人生は
悪くもなければ良くもない
お前にとって丁度良い
地獄へ行こうと
極楽へ行こうと
行ったところが丁度良い
うぬぼれる要もなく
卑下する要もない
死ぬ日月さえも丁度良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

童仙房のしめ縄作り

次の記事

プリンセス