未分類 | 今日もいい天気のブログ記事

この3月で長男がいよいよ義務教育を終了します。

我が家の場合ホームスクーリングなので中学校卒業といってもとくに何か特別なことがあるわけでもないのですが、、

家族で今後のことについて話をする機会が増えています。

 

経験や体験が大切に言われることが多くなっているように思う。でも、経験たくさん積むことが子どもにとってよいことなのかどうかというと、とても疑問がある。

それは世の中の人をみても、歴史上の人物をみても、経験の内容や種類と人生の充実度(平たく言えば、幸せ)はあまりリンクしていないように見える。

『哲学図鑑』という本に、こんなエピソードがでていました。

ソクラテスの生涯は生まれた街をほとんど出ることのなかった人です。もしあちこち出かけていろいろと見聞を広めることが豊かな人生であるとしたら、彼の人生は豊かなものだとは言えません。しかしソクラテスの生き方は、自分にとって本当に重要なことを確保していたら、そのほかのささいなことなど、どうでもいいのだということを教えてくれるようです。

これがヒントになり、夫婦でいろいろと話をしました。

 

長男に旅をさせるなんていうのはどうだろう…と思ってもみましたが、どうもそれが私たちの望む本質とは違うように感じる。

次に考えたのは、親が旅をさせようと思うのがおかしいんじゃないか、もし、長男が自分から旅をしたいと強く思いたったら、親がどういおうと関係ないだろうし、それを実行するために何でも自分でやってしまうだろう。となると、大事なのは自分の主体的な意思かも知れない。そうしたら、自分の主体的な意思が育つためにはどうしたらいいんだろうか…。

そのためにホームスクーリングを選択しているのは間違いないのだけれども、逆にいうとホームスクーリングさえしていれば主体的な意思は育つのか、というと、そうでもない。

学校に行っていれば主体的な意思が育たないのではないか、というと、そうでもない。

では、子どもは生まれながら主体的な意思を持つのか、というと何とも言えない。

たとえば、子どもに全く自由な環境を与えれば、主体的な意思を強く持つようになるのかというと、一概にそうでもない。

 

また戻って、世の中の人や歴史上の人物をみると、環境や育ち方と、主体的な意思はあまり関係はないようにみえる。

主体的な意思を持つためには、何かキッカケが存在することが多いように思う。

そのキッカケというのは、得てして困難という類いのものだろう。それを何とかしたい。

「どうしてこんなことになるのだろう…、どうすればいいのだろう…、なんで?」というあたりから主体的な意思が生まれてくるように思う。

困難な状況にいれば、すべての人が主体的な意思を持つのかといえば、そうでもない。

困難な状況のない人が存在するのかというと、そうでもない。少なくとも人間は病気や死から逃れることはできない。

どんなにお金があろうとも、どんなに力があろうとも、人間関係が思いのままにいくこともない。

困難において必要なことは、“問い”ではないか?と。ソクラテスは“問い”続けた。たぶんそれだけだった。

困難は具体的に何かの状況を言うとは限らない。たとえば、「私はだれだろう」「何で生きているのか」という疑問を持つことも、困難のうちではないか?

とくに思春期の年頃にはおおかれすくなかれこういう疑問を持つだろう。おとなになったら、そんなバカみたいな疑問は忘れてしまう。

でも日常で何の困難もなく生きている人はたぶんいないだろう。

そうして考えてきたら、自分の主体的な意思を持つきっかけは、だれにでもどこにでもいつでも存在する。

そこから主体的な意思をもつに至るためには、どんなステップがあるのか、

 

自発的意思を持つためには→逆境・どたんば・困難が必要→どんな境遇でも困難がないという人はいない。→困難に向き合うためには、時間が必要。問いを持つ。

学校で育つのか?→教師や親が先に対処(子どもに困難を与えない)
・忙しく子どもたちを追い立てる。困難に向き合わせない。

自発的意思を持つためには、場所も経験も環境も関係ない。では、わが子にむいて親として何をしてあげられるだろうか?と考えてみて、それは【自発的な意思】とは違うと気がついた。

自発的な意思を持つということは、自分に責任を持って自分の人生を自分が背負う、ということになってしまう。

ある意味でこれは残酷かもしれない。子どもが自ら問いをたてて問いを深めるということは残酷。

身近にいる大人がその手助けをしてあげるのではなくて、まず大人が先に問いをたてて問いを深める。それが「手助けをしてあげるということ」ではないか。

 

 

参考図書:

『哲学図鑑』(誠文堂新光社・監修・小川仁志)

『残酷人生論』(毎日新聞社・池田晶子)

 

 

人と防災未来センターへ行くことのきっかけになったひとつです。

以下、モモさんが書いた文章です。

*    *    *

数カ月前に、『死都日本』(石黒耀著、講談社、2002年)を読んで、衝撃を受けました。
ここ数年間に読んだ本の中では、私に最も影響を与えた書です。

「破局噴火」という言葉をご存知でしょうか?
地震でも、津波でも、洪水でも、災害が直接の原因となって
国が滅びることはありません。
どんな大地震でも、です。

ところが、火山の噴火では、一発の噴火で国が滅びることがあります。
「あり得る」のではなく、歴史上、何度も繰り返してきたのです。
「破局噴火」に対して、科学的にはしっかりした定義がありますが、
まあ、ざくっと、そういうレベルの噴火を言うのだと理解してもいいでしょう。

といっても、そんな噴火は、私たちの人生において経験したことはなく、
まったく想像すらできません。

日本では、60万年に70~80回ほど、そういった破局噴火がありました。
「そんな恐ろしいこと!」といったって、7000年に1回程度だそうです。
直近の破局噴火は、7300年前の鬼海カルデラ(九州と屋久島の間あたり)です。
縄文時代なので、何の記録も残っていません。
日本の有史時代は『風土記』『古事記』以降ですから、せいぜいここ1400年ほどです。

しかし、考古学の発掘調査で明らかになりました。
7300年前の巨大な火山灰層を境に、前後で異なる縄文文化があります。
つまり、その噴火で、西日本の縄文文化が滅亡し、数百年後に別の人々が入ってきたというのです。
その時の火山灰は北海道からもでています。
日本中が火山灰におおわれたのです。
現在警戒されている富士山は、そのような規模の噴火をしたことがありません。
まったくけた違いなのです。

そしてそれは、SFでもなんでもなく、確実に、近い将来、日本で起きるできごとなのです。
破局噴火のサイクルから言うと、そろそろだそうです。
「近い将来」は、軽く1000年ぐらいの誤差を含みます。
つまり、1000年、2000年先まで含めた「近い将来」なのです。

2014年10月のこと、報道がありました。
「日本に壊滅的な被害をもたらす「巨大カルデラ噴火」と呼ばれる火山噴火が100年以内に1%の確率で発生するとの予測を神戸大の巽(たつみ)好幸教授(マグマ学)らがまとめ、22日に発表した。現時点で差し迫っている状況ではないが、最悪の場合は日本の総人口にほぼ匹敵する約1億2千万人が死亡すると試算し、観測や研究の強化を求めた」
http://www.sankei.com/affairs/news/141022/afr1410220036-n1.html

その破局噴火が今起きたらどうなるか、をシミュレーションしたのが、
『死都日本』という小説なのです。

ちなみに、ここで言われている破局噴火は、日本を滅亡させる規模のものです。

7万年前には、インドネシアのトバ火山の噴火により、人類が滅亡しかけました。
遺伝子の研究により、現在の人類は7万年ほど前の数千人を原点としていると
わかっていますが、その状況を生じたのは、火山噴火でした。
日本を滅亡させる破局噴火とは、けたが違います。
その規模の噴火も、そろそろだそうです。
アメリカのイエローストーンが噴火準備をしており、人類の滅亡につながる怖れがあると、科学者が警告を発しています。

さらにもっと大規模の噴火が、2億5000年前にあり、地球上であった5回の生物大絶滅のうち、
最大規模の絶滅を引き起こしたのではないかと言われています。

クライシスノベルの代表格は小松左京の『日本沈没』でしょうが、
あの現象は、過去に日本で生じたことはありません。
しかし、『死都日本』が描くカタストロフィは、過去に何度も生じています。
SFではないのです。

『死都日本』をきっかけに、災害に興味を持ち、あれこれと調べてみるうち、
だいたい次のような考えを抱いています。

1.過去に起きなかった災害は未来にも起きない。
防災は「歴史」である。
歴史を粗末にすれば、破滅あるのみ。
災害の種類や規模は、地域ごとに固有である。

2.神話に対する解釈(石黒さんの説)
神話はフィクションではない。
天地創造、神の描写は、過去の巨大災害を表現している。
という石黒さんの説は、おおいに検討する価値がありそうです。

3.災害に強いのは「高台」である。(石黒さんの説)
沖積平野を石黒さんは強く責めています。
沖積平野に都市を建設するのはテロ行為であると。
それは、阪神大震災でも、東日本大震災でも、他の様々な災害でも明らかです。

4.千年、万年の国づくり(石黒さんの説)
『死都日本』で、最後に提示されます。
めったに起きないことだから考えないことにしよう、ではなく、
千年、万年の災害にも耐えうる国づくりをしようではないかとのことです。
そんな発想をしたことがなかったので、衝撃的でした。

5.防災とは、「逃げる」ことである。
大災害と闘うことなどできません。
地球規模の災害以外は、逃げることができれば、確実に助かります。
火砕流にのみ込まれて生き延びる方法などあり得ません。
しかし、逃げれば100%助かります。
土石流、洪水なども、逃げさえすれば、100%助かります。
地震も、逃げることができるなら、100%助かるでしょう。
つまり、「なぜ逃げないのか?」が究極のポイントではないでしょうか。

6.自然に対する敬虔な態度。
科学がいかに発達しようとも、災害を完全に予知したり、
防いだりすることはおそらく不可能でしょう。
むしろ、科学への妄信が被害を拡大したケースが散見されます。
科学を否定するのではありません。
「科学への妄信」を戒めるのです。

7.災害が恵みをもたらす。
災害は忌み嫌うばかりではありません。
災害こそが、私たちに大いなる恵みをもたらすのです。
上手につきあっていくことこそ、人類の知恵ではないでしょうか。

「何のために歴史を学ぶんやと思う?」とモモさんに聞かれました。

モモさんは時々ふいにこういうことを聞いてくることがあります。

私が「同じ過ちを繰り返さないため?」と言うと、「ネガティブな考え方やな~」と。

そこで「よりよい未来を築いていくため?」と言うと、「まるで教科書的な答え方やな…」と言われました。

私はなんと答えればよかったのでしょう。

そこに息子が何話していたの?と話に加わってきました。

こういう質問されたんだけどあなたならなんと答える?と聞くと

息子も私と同じようなことを言いました。

———————————–

『神は数学者か?』(早川書房)という本があります。

あいにく私はこの本は読んでいませんが、モモさん曰く

ピタゴラス・プラトン・アルキメデス・…などが活躍した紀元前時代から数学の公理は変わらず、しかも現代まで訂正変更もなく、いまだに新たな文明を無限に産み出し続けている…というのはなんということだろうと。まるで打出の小槌みたいだ…と。

こういう話は私よりも息子のほうが得意分野なので興味しんしんに話を聞いています。

———————————–

新しいものが新しいものを作り出すのではなく、古いものが新しいものを作り出している。

これは数学に限らずあらゆる分野に見られること。

人類はこれまでにあらゆる経験や試行錯誤を積み重ねてきている。それこそが宝ものなのではないか…

ということらしいのですが……

子どもたちが更新を楽しみにしているようなので、そろそろまたこちらにもかいてみます。

2018年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031