学校教育 | 今日もいい天気のブログ記事

モモさんが依頼を受けて、小学校の先生になるために学んでいる大学生対象(2日間で約200名)に「我が家のホームスクーリングについて」話をする機会がありました。

小学校の先生をめざしている学生さんたちですが、やはりほんどんの方がホームスクーリングのことを知らなかったり、または外国での話として聞いたことがあるくらいの認識のようで、、初めての話に衝撃を受けた方もかなりいたようです。。

話が終わってから感想を書いてもらったので、私たち家族も見せてもらいました。その中でとくに気になる点が2つありました。

ひとつめは「社会性やコミュニケーション」について。

モモさんが話の中で、私たちがどのように家族以外の人たちとの付き合いがあるのか、関係を築いているのか、を話したと思うのですが、「社会性・協調性について」のコメントがいくつも見られました。

私たちが知っているホームスクーリングをはじめ、積極的にオルタナティブ教育(Wikipedia)で過ごしている子どもたちは、社会性やコミュニケーションに関する問題についての不安はあまりみられません。学校に行っている子どもたちよりは同年代の子どもと過ごす時間は少ないかもしれませんが、逆に言えば本人(家族)次第で年齢問わずいろんな世代の人と過ごすことができます。

ちなみに、子どもが多い地域に住んでいる人にとっては想像しずらいかもしれませんが、田舎(もしくは子どもが少ない地域)では、保育園から小学校(中学校)まで各学年1クラスで人間関係がほぼ変わらないところも少なくありません。

オルタナティブ教育の有利な点は、「社会性やコミュニケーション」にこそあり、むしろ学力(この場合、学校で学ぶような勉強)は、学校教育と比べ不利でしょう。ただし、この「学力」についても、「何を学びとするのか」という考え方次第で、いくらでも有利不利が変わります。

ふたつめは「お金」に関すること。

我が家では子どもたちに、本や教材や道具・素材は欲しいものはできるだけ与えていることを話したら、「そんなにたくさんの本を買うお金はどこから?」という質問がありました。

道具や素材は本来安価なもので、くり返し使えたり数人で共有することもできます。しかし他人に何かをゆだねることは、1人ひとりにお金がかかり兄弟の数だけ必要となり、金額が桁違いに大きくなります。たとえば教育では、学校・塾・習い事には、道具や素材とはけた違いの甚大なお金がかかります。本来自分で出来ることを自分でするならあまりお金はかかりません。それを他人にやってもらうなら大きなお金が必要になります。これは教育にかかわらずどんなジャンルにもいえることですね。

学生さんたちは大学に進むまでいったいどれほどのお金を親御さんが負担してきたのでしょう??

*                *                 *

世の中の多くの物事は多数派(マジョリティ)の意見でできています。多数派から少数派(マイノリティ)の意見を見ることは、わざわざ見ようとしないと難しいことかもしれません。

しかし、少数派(マイノリティ)は多数派(マジョリティ)を前提とした社会の中で生きていかないといけないので、つねに自分たちの立場を考えざるを得なくなります。

自分とは違う環境の人、自分とは違う立場の人、自分とは違う考えの人…そういう人たちともお互いに気持ちよく過ごしていける世の中にしていくこと、子どもたちと一緒に考えていきたいなといつも思っています。

でもマジョリティとマイノリティが逆転するような世の中はすぐそこまで来ているようにも感じています。

*                *                 *

子どもはみんな学校に行くことが当たり前と思っていた学生さんたちが、私たちのような家族がいることを知ったことによって、学校とは?学ぶこととは?教師だからこそできることとは?あらためて見つめ直してもらえたらうれしいです。

わが家はホームスクーリング3年目です。なるべく強制しないで勉強させようという、矛盾をどうするか、日々悩んで葛藤しています。
ゴン太は、読み書きそろばんはボチボチです。本は大好きで、かなり難しい本でも、どんどん自分で読んでいます。木工作、紙工作、電気工作、粘土、料理、お菓子作り、自然観察など大好きです。工夫や創意は強い関心を示します。かたや、足し算、引き算、かけ算、割り算、漢字、作文はあまりやりたがりません。
計算や漢字は、反復学習の積み重ねによって習得していくと一般に考えられており、私もそのことに異論はありませんが、反復学習の大事さをゴン太に言うと、ブルーになってしまいます。いつのまにか、ゴン太は、「自分は勉強が遅れている」と思いこみつつあるようです。昨日、そう気づいたパパは、ゴン太に語りました。

教育のカテゴリー

どんなに貧しい人でも、どう勉強させたらいいか親がわからなくても、親が忙しすぎて子どもにかまってやれなくても、親が勉強に関心がなくても、学校は、すべての子に最低限の勉強を与えてくれる。日本では、障害のある人をのぞけば、おとなになって、5+8ができない人はいない。ひらがなやカタカナを読み書きできない人もいない。山、川といった漢字を読めない人もいない。これは素晴らしいことだ。学校教育はとても素晴らしい。障害のある人、特別な事情のある人で、レベル2に届かない人もいる。そういう人を社会全体で支えていかないといけないのはいうまでもない。

世の中には、月へロケットを飛ばし、人間を着陸させるような人もいる。この人たちは、どうやって勉強したんだろう? 学校教育だけで、ここまでできるだろうか?
(ここでゴン太は表情が変わります)

学校教育は、階段を登るようなものだ。1段ずつ、「みんな、ついてきたか~。よーし次いくぞ~」と、みんなで登っていく。だから、どんな子でも、レベル2までは行くことができる。学校へ行っている子の中に、勉強が得意な子と苦手な子がいるので、だんだん差がついてくる。学校の終点は大学だ。順調にいけば22歳で学校教育を終える。これがレベル3だ。学校教育の最高がレベル3だ。学校教育を受けた人は、学歴にかかわらず、レベル2とレベル3の間、カテゴリー2にいる。会社勤めの人、役所勤めの人、自営業、職人など、ほとんどの人がここにいる。22歳と言えば、大人だ。ここで社会に出る。

ところが、ロケットを飛ばす人たちは、それよりはるかに難しい仕事をしている。これがレベル4だ。レベル4には、学校教育の階段では登ることができない。学校教育を終える22歳ごろ、カテゴリー3の人たちは、すでにレベル4にいる。生まれつき天才だとか、特殊な才能があるとか、必ずしもそうではない。この人たちは、階段とは別のルート、すなわちエレベーターをもっているのだ。親や先生が子どもにプレゼントしたのではなく、自分の中にエレベーターを設備したのだ。

このエレベーターは、おそらくほとんどの人が希望すれば持つことができる。今の日本の学校教育は、階段を登ることに一生懸命になりすぎて、エレベーターどころではなくなってしまった。他の国々の学校教育は必ずしもそうではない。階段を基本にしつつ、エレベーターも作っている国もある。
エレベーターとは、何のことか、わかるか?

(ここで、ゴン太は表情がいっそう明るくなりました)
「自分で考えること!」

そう、それも大事だ。自分で考えるためには、たくさん本を読まないといけない。そして、考えたことを何かに応用していかないといけない。つまり、エレベーターの基本は3つだ。
1.本をたくさん読む
2.自分で考える
3.自分で何かを作る

(ここでゴン太の表情が明るく全開!)

なんてことはないほど、ふつうのことだ。ゴン太にとっては。こんなことなら大好きだし、いくらでもできるだろう。これがエレベーターの正体なのだ。もっとも、エレベーターそのものはもっと高度な構造をしているが、基本はこの3つだ。

しかし、日本の今の学校教育では、この3つができない。本を「読ませる」のではいけない。子ども自身が夢中になってとめどなく本を読んでいってこそ意味がある。自分で考えるには、あまり教えてはいけないし、じっと待ってやらないといけない。自分で何かを作るには、材料をいくらでも与えないといけないし、逆に完成品を与えるのはよくないし、失敗をさせてやらないといけないし、子どもがじっくり取り組めるだけの時間をたっぷり与えてやらないといけないし、大人は辛抱強く見守ってやらないといけない。

本来、学校教育とエレベーターは相容れないものではない。日本でも、以前は学校教育をうけつつ、エレベーターを育てることもできたが、今はなかなか困難だ。カテゴリー3の人たちが新しい時代をつくり、カテゴリー2の人たちが、世の中を動かしていく。どちらも大事な役目だ。今の日本は、カテゴリー3が枯渇している。だから、急速に国の力が落ちていっている。

エレベーターをもっていれば、短時間で高く登ることが、いくらでもできる。ゴン太には、エレベーターがある。何も心配することはない。これからもエレベーターを育てていきなさい。

ホームスクーリングとは、エレベーターを育てることに他ならない。学校教育を受けたほとんどの人はカテゴリー2で暮らしている。指示されたことを一生懸命務めていく。それも大事な仕事だ。尊い仕事だ。しかし、これからの世の中は厳しい。強く生きていくには、レベル4の実力を身につけて欲しい。もちろん、ロケットが全てではない。自分で考え、自分でつくり出す仕事の全てがここに当てはまる。仕事だけではなく、人生の全てがそうだ。自分で考え、自分でつくり出すことは、自分で人生を歩くことにほかならない。ゴン太が何を考え、何を作っていくか。親が決めることではない。親は、エレベーターを育ててやるだけだ。

ゴン太に、「23+36は?」と聞いてみました。暗算です。だいぶ考えて、答えが出ました。「10の位どうし、1の位どうし、それぞれ足して、繰り上がりを考えればよい」とアドバイスすると、とたんに「99+99」なども簡単にできるようになりました。これがエレベーターだと思っています。

何のための教育であるかを考えるなら、人生を豊かに生きるため、という答えになるはずです。
人間は1人では生きられず、好むと好まざるとにかかわらず、社会の中で自分のポジションを見いだし、社会と関わり合って生きていくしかありません。

学校教育は、かつては(少なくともパパが子どもだった頃までは)社会と寄り添っていたはずでしたが、社会が激変しているのに学校教育は旧態依然として変わらず、両者の乖離が危機的状況となっています。官僚がたたかれている事実だけ見ても、学校教育のエリートが社会からかけ離れてしまっていることがうかがえます。

社会、すなわち実務、すなわちビジネスから、教育を眺めてみる視点が大切ではないかと思うのです。

そんな中、日経BPに「急募!考え抜く社員」という連載が始まりました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090907/204181/

おもしろいですね。我が意を得たり!
各記事に共通している視点は、「正解のない社会でどう生きるか」でしょう。まさにこれこそが、実務であり、生きる知恵であり、現実の生活に他なりません。かたや、学校教育では、常に正解を教えます。「常に正解がある」という発想さえ、幻想と言えるのではないかと思います。このことがいかに致命的であるか、すでに実務の世界からは警鐘を鳴らし続けているにもかかわらず、学校教育は脳天気なままです。

これこそが、私がホームスクーリングを選択している理由に他なりません。

夜の散歩というようなことを、夜の散歩がてら、ゴン太に語りかけました。小学3年生にはかなり高度な話題でしょうか。そんなことないです。学校教育から見れば高度かも知れませんが、生きる力からすれば、平易な話題です。正解が常にあるのだという価値観に固執するがゆえに、高度に見えるだけでしょう。

じっさいのところ、ゴン太はあっさりと理解しました。それは、ゴン太が投げかけてきた疑問をみれば明らかです。
「おとなたちは、わかっているならば、どうして学校を変えられないの?」

政治家も、官僚も、先生も、学校教育のエリートに他なりません。そしてまた、具合の悪いことに、政治も行政も先生も、社会から離れた世界で生きています。正解があるという幻想を信じて追い求めてきて、正解があるという幻想の上に地位を築いてきた人たちが、正解のない現実を受け入れられるわけがない。

そのことさえも、ゴン太はあっさり理解したようです。8歳のゴン太が頼もしく見えました。

夜の散歩は、男の時間。

こないだは、パパから基礎と応用の話を切り出しました。

夜の散歩で語り合うパパとゴン太。肝試しじゃないってば。

夜の散歩で語り合うパパとゴン太。肝試しじゃないってば。

ゴン太は、計算とか、漢字とか、問題集とかが好きではありません。っていうか、ほとんどの子どもはそうですね。

いっぽうで、読書とか、工作とか、自然観察とか、世の中の仕組みとか、そうね、物事の仕組みを考えることはめちゃくちゃ大好きで、パパとママもその好奇心にはできるだけこたえてやりたいと思いつつ、すでに親がついて行きかねる状態も。

ゴン太が苦手な勉強は、「基礎」と言われる部分です。基礎、基本が大事と、昔も今も言われます。そのことに間違いはありません。

かたや、パパが若い頃、「日本人は応用がダメだ」とよく言われました。ゆとり教育よりはるか昔、詰め込み時代の話です。応用というのは、何も難しいことではなく、自分が知っていることを組み合わせたり工夫したりして、新しいことを見いだすことです。

基礎、基本をいくらばっちりやっても、応用ができるようになるとは限りません。定期テストはよくできるが入試はダメ、という子は多いです。基礎、基本だけで必然的に応用ができるなら、こういったねじれは生じないはずです。しかし、現実には、そうではない。

かといって、基礎、基本をおろそかにして、応用まがいにかぶれると、テクニックに走ります。これまた、応用力が身につきません。

学校教育は、自分で考えるとか、自分で工夫するとかいうことが、欠落しています。(かなり断定的な表現ですが、総論として、間違ってはいないはずです)

学校教育で育つ子たちが、応用を苦手とするのは、避けがたい事実でしょう。

ゴン太にこう語ると、ゴン太は、「なんで応用が苦手なの? こんなにおもしろいことはないのに!」とビックリしていました。

自分で考えたり、工夫したり、失敗したり、やり直したり、という作業は、とても知的で、インテリゲンチャで、刺激的で、魅力的です。なのに、学校教育は、答えも過程も用意し、子どもにそれをトレースさせようとします。意欲をなくすのは、必然でしょう。

では、応用力をつけるのに何が必要か。ありあまる自由な時間と、ありあまるくだらない素材と、結果を求めないおおらかさでしょう。創造には、失敗がつきものです。数限りない失敗をさせてあげねばなりません。また、答えに最短のキットを与えては無意味。くーだらない素材をいっぱい与え、無意味を組み合わせて意味をつくり出す。無駄、無理、無茶。3つの無が、応用力の基本です。

わが家はホームスクーリング。まさにこの3つの無を実現しています。それは、お金のかかることでもなく、特別なスキルが必要なことでもない。与えすぎると堕落する。欠乏が子どもを育てる。ハングリー イズ ザ ベスト!!

今の日本人、とくに日本の学校教育に最も欠けている、致命的な要因は、ハングリー精神ではないか。あまりにも与えられることに慣れすぎて、与えられることを当然と思いすぎているから、とめどなく競争力を失い、国力が陥落していることさえ認識できないほど惨憺たる状況になってしまっている。

とはいえ、日本人の全てがダメなのではなく、そういうハングリー精神を持っている人、持とうとしている人、持たねばならないと意識している人たちは、確実に増えているようです。日本は、今後、まだまだ落ちるでしょう。しかし、どこかでハングリー精神を取り戻し、復興を遂げる日がきっと来るでしょう。わが家の子どもたちには、ハングリー精神を育てたい、と思っています。それこそが、「応用」の原点だと思います。


うちの子はホームスクーリングなので、日ごろ、近所の子たちと遊んでいるわけではありません。しかし、様々な子どもたちと遊ぶ機会は少ないわけではありません。むしろ、学校へ行っている子たちは、クラスの中でのつきあいに限定されがちですし、その中でも仲良しグループのつき合いに限定されがちです。うちの子は、そういう特定のグループとばかり遊ぶわけではなく、だれとでもすぐに仲良くなって一緒に遊び始めるという「特技」が身についてきました。

ゴン太が通っていた保育園

ゴン太が通っていた保育園。歩いているのは、じぃじとばぁばとチャコ。

ところで、ゴン太は2歳から5歳にかけて、じもとに保育園があり、そこに通っていました。全児童数6名程度の小さな保育園でした。地域の子の数がその程度なのです。ゴン太はその保育園で、とても楽しく過ごしました。6歳になった時、小学校と保育園がなくなり、以後、ホームスクーリングです。

ゴン太を見ていると、ホームスクーリングであるがゆえに、派閥やグループやクラスや班といった枠に閉じこもることなく、のびのびと人間関係を自由自在につくって行っています。それはホームスクーリングをやっててよかったとしみじみ感じる部分です。かたや、学校に行っている子たちの全員ではないけど多くの子は、なにかしら自分のまわりに「枠」を設定しているようです。私はその雰囲気を強く感じます。ゴン太もそう感じるようです。「あの子たち、変わってしまった」と言っていました。

その変化は、「成長」という類のものとはちょっと違います。「自分」を薄めて「枠」に同化していくような、そんな変化です。ふっと思うのだけど、学校へ行っている親子は、そういう変化を感じないかもしれません。むしろ、そういう変化を「社会性」と考える人さえいるかもしれません。世界から見ると、奇異に見えそうですが。

2018年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031