わが家の事件 | 今日もいい天気のブログ記事

普通のきょうだいよりも一緒に過ごす時間が長い我が家、いつも仲良くいてくれたらいいのですが、もちろんケンカもします。

それが今回はちょっと違っていました。長女と次女が三女を無視。いや正確に言えば、長女は無視で次女は適当に相手はするけれど三女よりも長女優先という感じで、結果的に三女が仲間はずれの状況が続いたのです。

あからさまに母である私の前でも三女をのけ者にしているので、当然嫌な気分になります。
それに私自身末子なのでどうしても末子の気持ち寄りになってしまう部分もある。なおかつ、子どもの頃のトラウマが甦ってきて、かばってしまいたくなる。

なので三女が泣きながら助けを求めに来ると、最初は冷静に話しを聞いているつもりでも、仕舞には、姉たちに嫌みを言ってみたり、脅し文句を言ってしまったり…。が、長女も次女もそんなことでは凹まないくらい年齢もあがってきた。はてさて、困った、どうしましょう~~

と思っていたので、父にふってみた。お父さんは有無を言わさず姉たちに「仲間に入れられないならそこで遊ぶな~」と一喝。姉たちは半分ふてくされながら子ども部屋に移動。姉たちだって、三女を仲間はずれしたくなる理由はあるのだろう。

そんな感じのまま食事の時間になり、長女と次女はムスっとしたまま、三女をにらむ。そこで父が長男にこういった。
「こんな身近で仲良くできないのなら、世界平和なんてくると思うか?国と国との戦争もこれと同じだぞ。きっかけなんてささいなこと。あっちがずるい、こっちがずるい、あいつが自分より上なのがにくたらしい…こんなくだらない理由から戦争になるんだぞ。」と。
ふだんから口癖のように“世界平和”を望んでいる長女には一番イタイ言葉だったかも。。

今回のケンカは長男には戦争について考える時のいい見本となった。

実は昨年9月の安全保障関連法の強行採決以来、長男は戦争と平和について深刻に心配するようになりました。「どう考えても戦争はばかげているのに、なんで戦争なんかするのか?」と度々父に質問していました。「そんな質問に簡単に答えられるくらいなら世界から戦争はなくなっている。」としか父も答えられません。
その流れでこの状況に遭遇したのです。

父は日頃から「私たちの心が戦争をつくっている…。誰かが勝手に戦争を始めて国民は被害者の立場だというのも一理あるとしても、それだけてなく、やっぱり私たち一人ひとりが戦争をつくりだしている…」「家族や友達、身近な人と仲良くできなくて、平和などあるはずはない」と子どもたちに言っています。

さすがに長男も長女も認めざるを得なかったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あけましておめでとうございます。

今年も無事に家族そろって初詣と旦那さん(モモさん)の実家に行って来ました。

前日からのニュースで「悪天候のため厳重警戒してください」という情報を見ていたので、

「早めに帰ろうか…」などと話をしていたのですが、12月はここらへんではほとんど雪が降らなかったこともあり、

まぁそうは言ってもたいしたことないだろうと思っていました。

ところが、、実家(大阪府吹田市)付近でも午後3時過ぎくらいから雪が舞いはじめ、

道路には積もっていないものの、駐車場に駐めてあった車の屋根などはあっという間に真っ白になっています…。

とりあえず早めに夕食を食べ、午後7時には解散し、いつもの道で帰ろうと思っていたのですが…、

163号線の清滝峠付近から渋滞。トンネル手前の上り坂付近では脇に車を停めてチェーンをまいている車が何台もあるではありませんか!!

そしてトンネル前付近になってぜんぜん前に進まなくなり、スマホで状況をチェックしてみると雪でトンネルが通行止めになったとのこと。

今更引き返すこともできないところにいたので、このまま待つしかありません。

まずトンネルに入るまでに1キロの距離を進んだのが50分。1.1キロのトンネル内で2時間10分。

トンネルの中で止まったままの状態が続いたので、前後の車からはトイレに行きたい人や赤ちゃん連れの人、イライラしている人などが車から降りて出口や非常口から外に出て行っていた人たちもいたようでした。

新年早々とんだハプニングです。

しかしトンネル内で2時間以上もほとんどの方はおとなしくパニックにもならずに待っていられるというのはすごいことなのかも。。

渋滞の原因は1年ほど前に開通した163号線の新道でたくさんの車が動けず放置されていたことと、たぶん旧道でも車が動かなかったのだろうと。。私たちがトンネルの中にいる間に旧道の方で道を空ける作業をしてくださったのかな?と思います。

トンネルを出て旧道に入ってからは順調に進み始め、あっという間に車もほとんどなくなりました。新道では通行止めが続いており、たぶん手つかずだったと思います。トンネルをでて坂をくだったところにあるコンビニはたくさんの車が停まっていました。私たちはそこで停まるのを止めて次のコンビニで休憩することにしました。トイレはもちろんですが、皆のどが渇いていたので飲み物を購入しました。コンビニの中には「トンネルをやっとでてきた…」と電話で話している人がいました。

我が家の車はスタッドレス&四駆なので大丈夫ですが、ところどころで路面に残った雪がツルツルするところやシャリシャリするところがあり、国道を走っているどの車もスピードをゆるめて走っているようでした。

結局普段なら2時間弱かかるところを5時間半かけて帰ってきました。自宅の方はどうなっているのかドギトキだったのですが、積雪20㎝くらいかな。

朝起きて改めて見てみると一面雪景色です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太陽がでてきてかなり解けていますが、元日の朝の風景とはまるで違っています。

元日から思いも掛けない経験をして我が家らしい年明けになりました(笑)

もっと大きな惨事に遭遇するわけでもなく、渋滞の途中で“トイレに行きたい人”がだれもでずに、皆おとなしく待機できたことがなによりよかったです。

今年はもっと頻繁に更新する予定です!!

ここ2年ほどの間に、たぶん日本中の田舎が、垂直落下をしています。

それはもう、猛烈な勢いで過疎化、を通り越して、消滅に向かっている感じです。

もはや、打つ手無し。なすすべもなし、という感じです。

この状況は、都会の人には実感がわかないかもしれません。しかし、日本の置かれた現状を見るに、やがて、都会も田舎の後追いをしだすかもしれません。

とうぜん、わが家も例外ではありません。消滅へ向かうスパイラルの中で、どうポジションを取るか。

わが家は、ここに居残り、挑戦することを選択しました。何への挑戦かというと、未来への挑戦です。すべての可能性が尽きたならば、自ら道を拓くのみ。

2月から、わが家の世界戦略がスタートしています。地球は丸い。日没するところあらば、日出るところあり。可能性が尽きたかに見えるのは、狭い世界で思考している証拠。この半年あまりで、わが家は27カ国の方たちと取引できました。地球はほんまにでっかいど~!!

4人の子ども、どの子も同じようにかわいいんだけど、生まれてきた順番で、なにかと差ができてしまうのは、常々感じています。

ゴン太は、長男であり、最初の子。

チャコは、長女。

トウコは、末っ子。

リリコとトウコ上から読んでも、下から読んでも、一番になれないのが、リリコ。でも、リリコは、持ち前の朗らかさと、おおらかさと、世渡りのうまさで、いつもマイペース。にいちゃん、ねえちゃんに一生懸命合わそうとしつつ、妹の面倒も見てやります。

ところで、パパは、夜のお散歩を今も変わらず続けています。童仙房の夜は、かなり寒いのですが、毎夜のように、リリコが散歩について行きたがります。ゴン太とチャコは、寒いのであまり行きたがりません。

リリコは、パパと二人っきりになれる時間が欲しいようです。散歩中、マシンガンのようにしゃべり続けています。闇も怖がらないし、寒さも気にならないようです。兄ちゃん、姉ちゃん、妹に、いつもパパを取られっぱなしなので、自分が独占できる時間を自分で作り出しているようです。

さて、一昨夜、いつものようにパパが夜の散歩に出かけようとすると、リリコがついてきました。そして、トウコも、一緒に行くと言って、ついてきました。パパは、2人を連れて行くつもりでいたら、家の前を10メートルほど歩いた時点で、リリコが「やっぱり帰る」と言って、家に戻っていきました。それを見たトウコ、リリコの後を追って、家に帰りました。

パパは、1人で犬を連れて歩いて行きました。50メートルぐらい歩いた時点で、リリコが家から飛び出して、パパのところへ走ってきました。暗い夜道を、いちもくさんに。

トウコは、それを知って、玄関で大泣きしています。リリコにまんまとまかれたのですね。

リリコは、パパに追いついて、パパとデートです。

トウコにも優しいリリコだけど、たまにはパパと二人っきりになりたいの、ってかんじ。いつまでパパとデートしてくれるかな~?

鹿に衝突

鹿に衝突

あれは、月のない夜のことでした。私は仕事からの帰り、慣れた山道を車で走っていました。狭い曲がりくねった道なので、スピードは出していません。もちろん、人家もなく、人の気配はありません。あたりは漆黒の闇。そのときです。あのできごとがおきたのは!

車のすぐ前、左側、田の畦から大きな物が飛び出してきて、車に激突しました。そうです。鹿です!
急ブレーキを踏みましたが、鹿があまりに近すぎて、ドカン!
鹿は車の前でうずくまりました。死んではいませんが、なかなか起き上がれません。いったん立ち上がろうとし、よろめいて、車にドカンとぶつかってこけてしまいました。車がつぶれる!と思った私は少しバックし、車からおりてみました。


鹿、逃走

鹿、逃走

鹿は、殺される!とでも思ったのでしょうか。大慌てで立ち上がり、足を引きずりながら駆けていき、森へ入っていきました。歩けていたので、大事はないでしょう。

ここ数年、鹿が異常に増えて、年々被害が深刻化しています。とくに今年は例年にない状況です。田や畑はどんなに対策しても鹿にやられてどこの農家もたいへんです。わが家でも、毎夜、家のすぐ裏に鹿が出てきて、鳴いています。イノシシは警戒心が強いけど、鹿はどうもあまり賢くない。電気柵にあたっても、侵入をやめないし、ネットがあっても侵入をやめず、ネットに絡まって動けなくなって捕獲された鹿がいっぱいいるのに、学習しません。犬が近くにいてもわりと平気で出てきます。威しが効きにくいです。

一方で鹿は神様の使いとされているところもありますが、一般にはやっかいな悩みの種です。今のところ、鹿との共存も、鹿の防除も、決め手はありません。
それにしても、車は無傷でよかった~!
スピード出してなかったしね。

2018年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031