お出かけ | 今日もいい天気のブログ記事

11月のことですが、国立国会図書館関西館の見学デーへ家族で行ってきました。

国会図書館は東京と京都府精華町にあり日本国内で出版されたすべての本を集めて保管していく特別な図書館です。

 

通常は18歳以上の人しか利用できないのですが、見学デーということもあり子連れの方もたくさんいました。

ということで、次女と三女で記念にパチリ。ホテルのロビーのような空間にびっくりします。

 

閲覧室も当然広いです。所蔵されている本のほとんどは地下書庫にあります。手続きすれば閲覧はできますが何を調べたらよいかという基本資料が閲覧室にあります。

さまざまな分野の辞典や辞書、雑誌や新聞などが多く、一般の図書館とはかなり様子が違います。

国立国会図書館関西館は貸し出しはしておらず、基本閲覧のみ。複写サービスが利用できます。

 

 

 

ミニガイダンスに参加。端末を使った資料の探し方をレクチャーしてもらいました。

通常は入れない「地下書庫探検ツアー」にも参加。人数制限があり整理券を1時間前から配布していたのですが、定員数よりも多くの見学希望者がいたようで、あっという間に人数が埋まっていました。

温度と湿度が管理された書庫。開館日には利用者からのリクエストに応じて地下書庫の書籍が閲覧室まで送られます。

画像ではわかりづらいですがコンテナの中に書籍や資料が入っていました。

 

このほかにも、国立国会図書館デジタルコレクションの音源を聞かせて(または動画を見せて)もらえるコーナーもありました。

関西館の見学は年に1回だけなのかと思っていたら、開館日やガイドツアー実施日に事前に予約しておけば見学できるようです。

去年の夏、私と子どもたちとで平城京跡に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

その時にちょうど平城京跡資料館で、『夏期企画展 夏のこども展示「たいけん!なぶんけん」』というのをやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

奈良文化財研究所の職場体験がテーマになっているということで、うちの子たちも興味津々。

娘たちの希望により、2週に渡って参加してきました。

「石器の実測体験&解説」のワークショップ。

  

「木簡の記帳体験&解説」のワークショップ。

どちらも楽しく学べたようなのですが、企画展の中のワークショップということもあり、時間も短く、小学校低学年くらいの子も割合多く参加していたこともあり、

うちの娘たちにとっては少し物足りなかった様子でした。

もっと本格的に発掘体験的なものができないか探していたところ、同じ時期に奈良文化財研究所で小中学生を対象にした木簡に関するワークショップをやっていたことを知りました。

*** ***  *** ***  *** ***

そういうわけで…、先日、日本学術振興会が行っている「ひらめき☆ときめきサイエンス」という事業のプログラム

『奈良の都の木簡に会いに行こう!2019』に、中学2年生の次女と小学6年生の三女が参加してきました。

はじめに奈良文化財研究所の副所長さんから木簡についての講義がありました。

各班のテーブルの上には平城京跡で見つかった本物の木簡が置かれています。

参加者の名前の一文字(漢字)が書かれている木簡が必ずあるので探してみよう~、ということで皆必死に探していました。

当日の参加者は6つの班に2~4名で分かれ、各班には担当の大学院生と奈良文化財研究所の職員さんがついて個別に説明などをしてくれました。

 

 

 

 

 

  

 

また、発掘現場から持ち帰った木簡を含む遺物の洗浄。左の写真の水の入ったケースに発掘現場から持ってきたものが入っています。

      

選別の作業を体験。遺物には細かい木の破片や葉、タネ、燃えさし、土器、瓦、木炭…などなど、素人目にはぱっと見ただけではよくわからないようなモノがほとんどです。

1300年前のモノというとドキドキしますが、終わりのない果てしない作業をコツコツと…、プチ体験できたのはとてもよかったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

木簡の保存処理施設を見学したり、木簡の水替え作業も体験させてもらいました。もろくなっている木簡も多いので大切に赤ちゃんを抱くように扱います。

奥の三女は筆で細かい木簡の破片を取ろうとしているところです。

 

 

 

 

 

 

 

お昼は木簡に書かれていた食材を使った奈良パークホテル提供のとくせい古代食弁当です。おやつタイムには古代風クッキーセットも!!

  

昼休みにはせっかくなので、平城宮跡資料館で行われている『夏のこども展示 ならのみやこのしょくぶつえん―土の中の花鳥風月―』も見学してきました。(企画展そのままが再現された子ども向けの無料の冊子もすばらしいです)

 

 

 

 

 

 

 

おやつのあとにはまた、班のテーブルに戻って木簡の解読についての講義が1時間ほどありました。

すべての作業を終えて、最後は参加者一人ずつ名前を呼ばれて修了証までいただきました。

お土産に奈良文化財研究所特製の木簡風の栞や手ぬぐい、便箋、マウスパッドなどをいただきました。

  

次女と三女とも、たいへん充実した一日だったようです。

最初の講義の時に「ただ木簡に見て触れるだけでなく、1300年前に生きていた人たちのことを想像してみてください。」と言っていた職員さんの言葉が、子どもたちにも伝わっているといいなと思います。     

いよいよ3日目。これで旅も終わりです。

島根から鳥取へと移動しておりますが、現在の鳥取県西部地域は古代出雲王国の勢力下でした。

 

次は鳥取県西伯郡南部町にある「赤猪岩神社(あかいいわ神社)」です。(参考サイト:○古事記編纂1300年 オオクニヌシ再生の地 赤猪岩神社・清水井ガイド

こちらは、日本神話にあるオオクニヌシが嫉妬に狂った兄たちに大きな岩で殺されてしまった話の元になった地です。

鳥居の額束が赤いのがとても印象的でした。拝殿の注連縄は太くて大きく出雲周辺の神社で見かけたものと似ていました。

  

鎮守の森の巨木。

その横に、オオクニヌシが抱いて落命したと言われている大岩が埋められ、二度と掘り返されることがないように大きな石で封印されているとのこと。

  

神社の横には池があり、その脇道が「清水井(しみずい)」(ウムギヒメがオオクニヌシを蘇生するため薬を作るときに水をくんだとされる井戸?)へと続いているとのことでした。

 

次は、鳥取県西伯郡伯耆(ほうき)町の「おにっ子ランド」です。

とはいっても、、、このおにっこランド、以前は遊園地とミュージアムが運営されていたようですが、現在は両方とも廃止され、長いローラーすべり台がある公園となっているそうです。(しかもそのすべり台も半分?は使用禁止のよう)

私たちがここに立ち寄ったのは、そのすべり台が目的ではありません。ミュージアムの上にいる鬼の像を近くで見たかったからです(笑)。というのは冗談で、、

  

じつはおにっこランドのある溝口地区は日本最古の鬼伝説があり、この↓画像の左寄りの小高い山が鬼住山(きずみやま)と言われています。こちらで孝霊天皇による鬼退治があったと伝わっているそうですが…、出雲の伝承では違う話が伝わっています。

孝霊天皇は第七代天皇で歴史的には欠史八代とされ実在しない天皇と考えられています。出雲の伝承では実在するのですが、出雲族の出身でありながら、出雲を攻め、出雲兵を虐殺したのがこの地です。歴史は勝者によって作られるので、出雲兵を鬼とし、孝霊軍の攻撃を鬼退治として後世に伝えました。それが桃太郎のおとぎ話の原型となっています。

 

次はおにっこランドの近くにある「楽楽福(ささふく)神社」です。主祭神は孝霊天皇で、鬼退治伝説を由緒にもちます。

   

参道はのどかな田んぼの間をまっすぐ伸びて鎮守の森へと向かっています。

 

随身門。拝殿。立派な注連縄です。

   

境内にある「楽楽福神社古墳」です。その正体は孝霊天皇の崩御の地とも伝えられています。参道からも田んぼの向こうに鬼住山が見えました。

  

 

*   *   *

今回の旅は、古代出雲王国の最期にまつわる場所をテーマに、2泊3日でできるだけ多くまわれるようにスケジュールを組みました。

事前に下記の本を読んだり、行政の観光サイトから資料を取り寄せたりして情報を収集しました。

この夏の猛暑と蚊の襲撃、プラス予定外の寄り道などもありましたが、すべての行程をこなすことができました。

ちなみに連休中にもかかわらず、私たちが訪れた場所(出雲大社周辺と神魂神社、熊野大社以外)は、私たち家族以外ほとんど観光客を見かけませんでした。

暑い時期に古墳や遺跡、神社めぐりをする人は少ないからですかね??

こちら↓は今回訪れた博物館などで購入してきたものたちです。

出雲には今回訪れることができなかった場所がまだたくさんあります。知れば知るほど興味がわいてきます。簡単に行ける距離ではありませんが、また機会を見つけてぜひ再訪したいと思います。

 

3日目のつづきのつづきです。

先に訪れた造山古墳群含め、ここら(安来市荒島)周辺には弥生時代から古墳時代にかけての墳墓が集中しており、その内の、「造山」「塩津山」「宮山」「仲仙寺」の4カ所は公園として整備されています。これらを総称して、「古代出雲王陵の丘」と呼ぶそうです。

次は「塩津山墳墓群(しおつやまふんぼぐん)」です。

  

こちらは山陰道のトンネルの上に古墳があります。坂をのぼってすぐのところに「塩津山1号墳」があります。

1号墳が作られたのは弥生時代の後期から古墳時代へと入っていく時で、古墳の形も、四隅突出型墳丘墓から方墳へと形が変わっていく様子がわかります。

1号墳には全体ではなく、部分的に貼られた貼石の様子が再現されています。

  

上には出土した土器などのレプリカが。。下には山陰道が走っています。この時は気づきませんでしたが、ここから次の目的地が見えていたようです。

  

1号墳のすぐ隣にあるプリンのような形の2号墳(円墳)。2号墳から見た1号墳です。

  

もう少し奥に行くとみられる古墳もあったようですが、諸々の事情で下へおりることにしました。おりてすぐの所に塩津神社があります。

  

神社の境内脇に「塩津神社古墳(しおつじんじゃこふん)」があります。こちらは墳丘が失われ石棺式石室(せっかんしきせきしつ)のみ残った状態が見られます。

  

 

ここから鳥取県米子市へと移ります。次は「粟嶋神社(あわしまじんじゃ)」です。

画像にある説明板によりますと、こちらはもともと中海に浮かぶ小島だったようです。江戸時代中頃に地続きとなり、山全体をご神体とされたとのこと。(現在、明神山と言われるこの山が先に立ち寄った塩津山1号墳から見えたみたいです。)

現在は187段のぼった山頂に本殿があり、少彦名命(すくなひこなのみこと)が祭神として祀られています。

下記の神社の沿革には、伯耆国風土記の逸文によると、少彦名命が粟の穂にはじかれて常世国に渡られたので粟嶋と名づけたとある、とあります。

日本神話にあるオオクニヌシとスクナビコナの話の元になった地ということです。

   

この階段、けっこう急ですが、昨年身延の久遠寺に行った私たちですので、そんなに驚くほどでもありません。

 

登りきりると、立派な随身門。そして拝殿。

  

本殿裏から見える景色。草が生い茂って見えづらいですが「米子水鳥公園」と中海、安来方面が見えました。

下へとおりて、八百比丘尼の伝説がある「静の岩屋」へ向かいます。実は粟嶋神社へ来たのはこちらが本題なのです。

  

鳥居の奥の柵の中が洞窟になっています。説明板にある伝説とは全く違う重大な事件が古代の出雲王国におきました。日本の歴史を変える大事件だと言っていいと思います。そのことを知ってこの地を訪れると大きな感慨にとらわれます。右の画像は洞窟から見える景色です。

    

次でいよいよ最終回となります。たぶん。

3日目のつづきです。

「出雲国府跡」。前日の茶臼山から見えた意宇平野にあります。

「意宇の杜(おうのもり)」。田んぼの真ん中にあるので、知らなかったらそのまま通り過ぎてしまいそうです。

  

 

次は「黄泉比良坂(よもつひらさか)」と「伊賦夜坂(いふやざか)」です。かなり要約すると、死んだ妻(イザナミ)に会いたい一心で黄泉の国を訪ねた夫(イザナギ)が、変わり果てた妻の姿を見てびっくりして逃げ出した…という日本の神話の有名な舞台となったところです。

駐車場の入口におどろおどろしい看板が…。反対側の池の方には休憩用ベンチも。

  

すぐそばに普通の説明板もありました。

鳥居のような結界のようなものと黄泉の国をふさいだと思われる岩?。岩の左にある祠のようなものは、天国(黄泉の国)へ手紙を送れるというポストでした。あの世とこの世を結ぶ場所として亡くなった方を悼む人が多く訪れることから、地元のライオンズクラブと黄泉比良坂神蹟保存会で設置されたようです。

   

そして「伊賦夜坂(いふやざか)」へ。夏の晴れた日の昼間なのに、ひっそりとした雰囲気の小道です。

  

看板から2~3分歩いたところに「塞の神(道祖神)」がありました。そのまままっすぐ行くと隣の集落にでるようです。

   

 

次は「古代出雲王陵の丘」とその中にある「造山古墳群」です。まずはじめに階段を上ります。出雲に来てから何回めの階段でしょう?(笑)

  

上に登ったところから見える景色です。中海と島根半島がよく見えました。

「造山2号墳」。2号墳(前方後方墳)から見渡す景色もサイコーです!!

  

2号墳の隣にある、ちょっと小さめの4号墳(方墳)。少し離れた3号墳まで歩きます。アップダウンの道が続きます。

  

こちらが草が生い茂った3号墳の上です。来た道を少し戻って1号墳の方へ。

   

この奥↓に1号墳があると思われましたが、私有地になるため入れませんでした。

1号墳は日本最大級の方墳だそうです。残念。。

1号墳のわきを通り抜け出た道です。最初に登ってきた道と合流していました。

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031