新年早々…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あけましておめでとうございます。

今年も無事に家族そろって初詣と旦那さん(モモさん)の実家に行って来ました。

前日からのニュースで「悪天候のため厳重警戒してください」という情報を見ていたので、

「早めに帰ろうか…」などと話をしていたのですが、12月はここらへんではほとんど雪が降らなかったこともあり、

まぁそうは言ってもたいしたことないだろうと思っていました。

ところが、、実家(大阪府吹田市)付近でも午後3時過ぎくらいから雪が舞いはじめ、

道路には積もっていないものの、駐車場に駐めてあった車の屋根などはあっという間に真っ白になっています…。

とりあえず早めに夕食を食べ、午後7時には解散し、いつもの道で帰ろうと思っていたのですが…、

163号線の清滝峠付近から渋滞。トンネル手前の上り坂付近では脇に車を停めてチェーンをまいている車が何台もあるではありませんか!!

そしてトンネル前付近になってぜんぜん前に進まなくなり、スマホで状況をチェックしてみると雪でトンネルが通行止めになったとのこと。

今更引き返すこともできないところにいたので、このまま待つしかありません。

まずトンネルに入るまでに1キロの距離を進んだのが50分。1.1キロのトンネル内で2時間10分。

トンネルの中で止まったままの状態が続いたので、前後の車からはトイレに行きたい人や赤ちゃん連れの人、イライラしている人などが車から降りて出口や非常口から外に出て行っていた人たちもいたようでした。

新年早々とんだハプニングです。

しかしトンネル内で2時間以上もほとんどの方はおとなしくパニックにもならずに待っていられるというのはすごいことなのかも。。

渋滞の原因は1年ほど前に開通した163号線の新道でたくさんの車が動けず放置されていたことと、たぶん旧道でも車が動かなかったのだろうと。。私たちがトンネルの中にいる間に旧道の方で道を空ける作業をしてくださったのかな?と思います。

トンネルを出て旧道に入ってからは順調に進み始め、あっという間に車もほとんどなくなりました。新道では通行止めが続いており、たぶん手つかずだったと思います。トンネルをでて坂をくだったところにあるコンビニはたくさんの車が停まっていました。私たちはそこで停まるのを止めて次のコンビニで休憩することにしました。トイレはもちろんですが、皆のどが渇いていたので飲み物を購入しました。コンビニの中には「トンネルをやっとでてきた…」と電話で話している人がいました。

我が家の車はスタッドレス&四駆なので大丈夫ですが、ところどころで路面に残った雪がツルツルするところやシャリシャリするところがあり、国道を走っているどの車もスピードをゆるめて走っているようでした。

結局普段なら2時間弱かかるところを5時間半かけて帰ってきました。自宅の方はどうなっているのかドギトキだったのですが、積雪20㎝くらいかな。

朝起きて改めて見てみると一面雪景色です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太陽がでてきてかなり解けていますが、元日の朝の風景とはまるで違っています。

元日から思いも掛けない経験をして我が家らしい年明けになりました(笑)

もっと大きな惨事に遭遇するわけでもなく、渋滞の途中で“トイレに行きたい人”がだれもでずに、皆おとなしく待機できたことがなによりよかったです。

今年はもっと頻繁に更新する予定です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

本まみれ